信心獲得すると、どのようにハッキリするのか

問い・浄土真宗・親鸞会 浄土真宗講座

信心獲得すると、どのように変わるのか、どうハッキリするのでしょうか。

答え・浄土真宗・親鸞会 浄土真宗講座

 親鸞聖人は、弥陀から賜った信心を、不可称・不可説・不可思議の信楽とおっしゃっています。その不可称不可説不可思議の信楽を獲ると、どうなるかについて『正信偈』には、こう教えていられます。

与韋提等獲三忍 (韋提と等しく三忍を獲る)  (正信偈)

“韋提希夫人と同じように三忍を獲る”

 三忍とは、喜忍、悟忍、信忍のことです。

 忍とは、忍可決定ということで心のすわりをいいます。喜忍は喜びの心、悟忍は悟りの心、信忍は信の心ということです。

 喜忍とは弥陀に救われた喜びのことです。地獄一定の一大事が、浄土往生一定(※1)と救われるのですから喜びがあるのは当然でしょう。

 大海に溺れていた者が、大船に救助された喜びは格別でしょう。丸々生きたところで80年か100年、やがて亡びる肉体が救われても喜びがあるのです。

 ましてや無量永劫の流転の絆を断ち切られて、不可称不可説不可思議の功徳の大宝海を丸もらいした喜びを『教行信証』に、広大難思の慶心と親鸞聖人はおっしゃっています。

 それを蓮如上人は『御文章』に、次のように教えられています。

「うれしさを昔はそでにつつみけり、こよいは身にも余りぬるかな」。
「嬉しさを昔は袖に包む」といえる意は、昔は雑行・正行の分別もなく、「念仏だにも申せば往生する」とばかり思いつるこころなり。「今宵は身にも余る」といえるは、正雑の分別を聞きわけ、一向一心になりて信心決定の上に、仏恩報尽の為に念仏申すこころは、おおきに各別なり。かるがゆえに、身の置きどころもなく、躍り上がるほどに思うあいだ、よろこびは身にも嬉しさが余りぬると言えるこころなり  (『御文章』一帖目一通)

“「嬉しさを昔は袖に包む」とは、自力と他力の違いも知らずに、「ただ念仏さえ称えておれば、浄土へ往ける」と思っていたことである。「今宵は身にも余る」とは、弥陀に救われて自力と他力の真仮を知らされて、仏恩報謝(※2)の念仏する身になった喜びは、躍り上がるほどだから身にも嬉しさが余りぬるということである”

 次に、悟忍について親鸞聖人は、

ただこれ、不可思議・不可称・不可説の信楽なり (『教行信証』信巻)

“弥陀の救いは、ただ心も言葉も絶えた、不可称・不可説・不可思議というよりほかにない

と讃仰されています。
蓮如上人は悟忍を、『正信偈大意』に、

仏智をさとるこころなり  (正信偈大意)

“不思議の仏智を不思議と知らされた心をいう”

 仏智とは、阿弥陀仏の智慧のことです。弥陀の智慧は、不可称・不可説・不可思議ですから、世々生々の初ごと(※3)の驚天動地の驚きのことです。

 次に信忍について親鸞聖人は、こう教えられています。

「聞」と言うは、衆生、仏願の生起・本末を聞きて疑心有ること無し。これを「聞」と曰うなり(『教行信証』信巻)

“「聞」(信)とは、阿弥陀仏の本願は、どんな人のために建てられたのか、どのようにして建てられたのか、その結果はどうなったのか、これら一切に〝疑心有ること無し〟となったのを聞(信)というのである”

と阿弥陀仏の本願にツユチリの疑心のなくなった心であるとおっしゃっています。

 本願を疑っている心とは「助からないのではなかろうか」と後生不安な心をいいます。これを本願疑惑心とか、疑情とか、不定の心といわれます。

 このような疑心がある間は信心獲得していないのであると、蓮如上人は「これ更に疑う心露ほどもあるべからず」(御文章)と明らかにされています。そして、

命のうちに不審もとくとく晴れられ候わでは、定めて後悔のみにて候わんずるぞ、御心得あるべく候(『御文章』一帖)

“本願に疑い晴れていなければ、必ず、後悔するであろう”

と教誡されています。

 この本願疑惑心が晴れて往生一定の大安心になったのを信忍というのです。

 韋提希夫人と等しく、三忍の身になるまで聞法精進いたしましょう。

※1)往生一定……浄土へ往けることがハッキリすること。
※2)仏恩報謝……阿弥陀仏のご恩に報いること。
※3)世々生々の初ごと……果てしない過去から、初めてのこと。

あなたが仏教から学べるたった一つのこと

 

  • 信心獲得したら煩悩はなくなるのか
  • 浄土真宗講座一覧


    親鸞聖人から
    あなたへのメッセージ

    正信偈の意味を知りたい方へ


    時空を超え敬慕される聖人
    人生の目的を明示
    人生の目的完成の宣言
     
    親鸞聖人略年表
    京都、日野にてご生誕
    出家得度
    磯長(しなが)の夢告 1
    磯長(しなが)の夢告 2
    赤山明神での女性との出会い
    大乗院の夢告
    比叡下山
    救世観音の夢告
    吉水の法然上人のもとへ
    信心決定
    体失不体失往生の諍論
    体失不体失往生の諍論 2
    体失不体失往生の諍論 3
    信心同異の諍論
    信心同異の諍論 2
    信行両座の諍論
    信行両座の諍論 2
    承元の法難
    承元の法難 2
    三部経読誦
    高熱で寝込まれる
    平太郎、熊野権現で霊夢を見る
    善鸞義絶
    蓮位房、霊夢を見る
    ご往生 1
    ご往生 2
    阿弥陀仏の本願とはどんなことか
    弥陀の救いとはよく合点することか
    弥陀の救いはハッキリするのか
    信心獲得すると、どのようにハッキリするのか
    信心獲得したら煩悩はなくなるのか
    救われたら本当に大慶喜がおきるのか
    雑行雑修自力の心とはどんなものか
    一向専念無量寿仏とは、どんなことか
    絶対の幸福になる唯一の道
    念仏に三通りあるとはどんなことか
    親鸞聖人とただ念仏の救い
    不来迎とは、どんなことか
    聞即信とは、どういうことか
    二種深信とは、どんなことか
    二益法門とは、どんなことか
    他力本願と親鸞聖人
    なぜ阿弥陀仏が最尊なのか
    阿弥陀仏をタノムとは、どんなことか
    三願転入とはどんなことか
    仏教で最も重要な、本願成就文とは何か
    親鸞聖人と墓参りの意義
    なぜ死骸を魚に与えよと言われたのか
    親鸞聖人の三大諍論とは、どんなことか(1)
    親鸞聖人の三大諍論とは、どんなことか(2)
    親鸞聖人の三大諍論とは、どんなことか(3)
    親鸞聖人が名号を本尊とされた根拠はなにか
    親鸞聖人のみられた夢とはどんなものであったのか
    親鸞聖人には、弟子はなかったのか
    聖人が善鸞を義絶された根拠は何か
    アクセスランキング
    1位 仏教講座
    2位 各地の親鸞会
    3位 親鸞聖人ってどんな人?
    4位 浄土真宗親鸞会について
    5位 親鸞聖人略年表
    おすすめ記事
    『歎異抄をひらく』の衝撃度
    無碍の一道に出でよ 『歎異抄』第七章
    信長に徹底抗戦した護法の力
    三業惑乱に学ぶ
    親鸞会 動画集
    浄土真宗親鸞会
    〒939-0395
    富山県射水市上野1191
    TEL 0766-56-0150
    FAX 0766-56-0151
    E-mail:info@shinrankai.or.jp