人生の目的を明示

「難思の弘誓は、難度海を度する大船」(教行信証 総序)

「難度海」とは、生きていく苦しみの人生を海に例えて言われたものです。

空と水しか見えない海で、押し寄せる苦しみの波に翻弄されながら、夫や妻、子供、金や財産、地位や名誉などの丸太ん棒や板切れ求めて、必死に泳いでいるのが私たちではないでしょうか。

何かを頼りにし、あて力にしなければ生きてはいけないからです。

しかし、風や波に悩まされたり、すがった丸太ん棒に裏切られ、潮水のんで苦しんでいる人、おぼれかかっている人、あるいは溺死した人もおびただしい数にのぼります。

そんな人たちに、懸命に泳ぎ方のコーチをしているのが、政治、経済、科学、医学、芸術、文学、法律などでしょう。

ところが、
「どこに向かって泳ぐのか」
「なぜ、生きねばならないのか」

肝心な泳ぐ方角、人生の目的が明らかにされているでしょうか。

何のために生まれてきたのか、何のために生きているのか、なぜ苦しくとも生きねばならないのか、だれも知りません。

行く先を知らずに泳いでいる人は、やがて力尽きておぼれるだけです。目的を知らずに生きている人は、死ぬために生きているようなものです。死を待つだけの人生は苦しむだけの一生に終わります。

ポプラ 北海道・美瑛町

ポプラ 北海道・美瑛町

私たちは決して苦しむために生まれてきたのではありません。生きているのでもありません。

すべての人の願いは、苦しみ悩みから解放されて、いかにこの難度海を、明るく楽しく渡るかに尽きます。

そんな私たちに、人生の目的を明示されたのが親鸞聖人であります。

「難思の弘誓は、難度海を度する大船」

「苦しみの波の絶えない人生の海を、明るくわたす大船がある。その船に乗り、未来永遠の幸福に生きるためである」

答えは簡潔で鮮やかです。

難思の弘誓とは、大宇宙にまします諸仏の師匠である本師本仏の、阿弥陀如来の想像を絶するお約束のことです。

したがって冒頭のお言葉は、

「阿弥陀如来の本願は、苦しみの波の絶えない人生の海を、明るく楽しくわたす大きな船である。この船に乗ることこそが人生の目的である」

との確言であります。

苦しみの波の果てしない海に、永らくさまよいつづけてきた私たちを、必ず乗せて渡してくださる、救助の大船の厳存と、方角を明示されているのが、『教行信証』であり、親鸞聖人なのです。

 


親鸞聖人から
あなたへのメッセージ

正信偈の意味を知りたい方へ


時空を超え敬慕される聖人
人生の目的を明示
人生の目的完成の宣言
 
親鸞聖人略年表
京都、日野にてご生誕
出家得度
磯長(しなが)の夢告 1
磯長(しなが)の夢告 2
赤山明神での女性との出会い
大乗院の夢告
比叡下山
救世観音の夢告
吉水の法然上人のもとへ
信心決定
体失不体失往生の諍論
体失不体失往生の諍論 2
体失不体失往生の諍論 3
信心同異の諍論
信心同異の諍論 2
信行両座の諍論
信行両座の諍論 2
承元の法難
承元の法難 2
三部経読誦
高熱で寝込まれる
平太郎、熊野権現で霊夢を見る
善鸞義絶
蓮位房、霊夢を見る
ご往生 1
ご往生 2
阿弥陀仏の本願とはどんなことか
弥陀の救いとはよく合点することか
弥陀の救いはハッキリするのか
信心獲得すると、どのようにハッキリするのか
信心獲得したら煩悩はなくなるのか
救われたら本当に大慶喜がおきるのか
雑行雑修自力の心とはどんなものか
一向専念無量寿仏とは、どんなことか
絶対の幸福になる唯一の道
念仏に三通りあるとはどんなことか
親鸞聖人とただ念仏の救い
不来迎とは、どんなことか
聞即信とは、どういうことか
二益法門とは、どんなことか
他力本願と親鸞聖人
なぜ阿弥陀仏が最尊なのか
阿弥陀仏をタノムとは、どんなことか
三願転入とはどんなことか
仏教で最も重要な、本願成就文とは何か
親鸞聖人と墓参りの意義
なぜ親鸞聖人は死骸を魚に与えよと言われたのか
親鸞聖人の三大諍論とは、どんなことか(1)
親鸞聖人の三大諍論とは、どんなことか(2)
親鸞聖人の三大諍論とは、どんなことか(3)
親鸞聖人が名号を本尊とされた根拠はなにか
親鸞聖人のみられた夢とはどんなものであったのか
親鸞聖人には、弟子はなかったのか
聖人が善鸞を義絶された根拠は何か
アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
『歎異抄をひらく』の衝撃度
無碍の一道に出でよ 『歎異抄』第七章
信長に徹底抗戦した護法の力
三業惑乱に学ぶ
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp