浄土真宗講座(親鸞聖人の明らかになされた浄土真宗の教えを学ぶ)

【マンガ】『歎異抄をひらく』の衝撃度

「唯信独達」(信心一つで救われる)

これまでの歎異抄解説本は、著者の意見や味わいばかりでした。『歎異抄をひらく』は、親鸞聖人の主著『教行信証』のお言葉で解明されています。

「ただ念仏して」の「ただ」の誤解

教科書に「親鸞聖人は、ただ一度の念仏で極楽往生が約束されると説いた」と書かれてありました。これは『歎異抄』の誤解からくるものです。

「弥陀の本願まことにおわしまさば」の真意

阿弥陀仏の本願以外、この世に確かなものはない。鮮明不動の信心に親鸞聖人は立たれていたのです。

「無碍の一道」とは

何ものも崩せず、邪魔だてできない不可称・不可説・不可思議の世界が無碍の一道。これこそ皆が求めている世界なのです。

「浄土の慈悲というは、念仏して急ぎ仏になりて〜」の意味

「急ぎ仏になりて」を「死に急いで」と理解するのは明らかに誤り。誰もが死ねば仏になれるのではないからです。

「親鸞聖人 大ブーム」なのになぜ出ぬ"反論書"

今、書店には親鸞聖人の関連本が多く置かれています。そんな中、『教行信証』から真意を明らかにした『歎異抄をひらく』が、歎異抄解説本の決定版になりつつあります。

『歎異抄』は、いかに誤解されやすいか

高校の教科書『詳説日本史』に、「ただ一度の念仏で極楽往生が約束されていると説いた」のが親鸞聖人、と書いてあったことから新聞紙上で論争がありました。

念仏にも三とおりある

『歎異抄』に頻出する念仏は、どんな心で称える念仏かがわからなければ、読み誤るところが随所にあります。三通りの念仏について解説しています。

東本願寺が歎異抄本を出版

東本願寺から歎異抄の解説本が出版されました。真宗大谷派の最高位の学者が監修したもので、「東」の従来の主張が明確に書かれてあります。大切なことは、それが本当の親鸞聖人の教えかどうか。親鸞聖人のお言葉で検証します。

親鸞学徒の本道で邪を破る

東本願寺から出版された歎異抄の解説本では、死後の往生を説かず、浄土往生をこの世のことにしています。それが、いかに親鸞聖人、蓮如上人の教えと異なるか、親鸞学徒の本道で邪を破ります。

『御文章』は如来の直説

蓮如上人の『御文章』の軽視、これが東本願寺の学者のそもそもの誤り。親鸞聖人の主著『教行信証』を表紙が破れるほど読み込まれ、その中の大事なことを、千の中から一つを選りすぐって書かれたのが『御文章』。如来の直説であり、親鸞学徒の本道のお手本なのです。

それが無碍の一道?

歎異抄の「無碍の一道」とは、善悪、好き嫌い、の勝ち負けにこだわる執着から解放される、という煩悩執着のなくなった世界では断じてない。煩悩は死ぬまでなくならぬ、と親鸞聖人はおっしゃっています。

『こだわらない』にこだわる?

歎異抄の「無碍の一道」とは、善悪、好き嫌い、の勝ち負けにこだわる執着から解放される、という煩悩執着のなくなった世界では断じてない。今回は、親鸞聖人のお言葉に学びます。

「自性唯心」

阿弥陀仏や浄土を観念的にみる見方を、「唯心の弥陀、己心の浄土」といい、それは間違った考えだと親鸞聖人は、徹底して正されました。

「本道を往く」

『歎異抄をひらく』は、親鸞聖人のお言葉を明示し、その意味を懇切丁寧に明らかにする。親鸞学徒は、親鸞学徒の本道をひたすら進むのみ。

「恐るべし体験島」

難解な言葉で厳しく見せ掛けた「東」の本丸が、親鸞学徒の本道の前にあっけなく崩落。疑謗寺の迷海は心を改め、本道を往く決意をした。

「おぞましや体験談」

求道に悩んでいた迷海は、謎の二人に誘われ体験島へと連れて行かれた。そこは、一晩で獲信できると言う者たちの巣窟だった。

「スガルの改心」

救われる近道を説くという体験島へ連れていかれた迷海は、体験談と「善を捨てよ」という話を聞かされていた。

「迷海惑乱」

体験島に連れ去られた迷海を助けにきた本太郎は、襲いかかる敵を次々と倒し、スガルを捕らえる。一方、迷海は彼らの拠点で散々問い詰められていた。

「決戦!鼻高山」

体験島の者たちは迷海を秘事堂に閉じ込め、毒牙にかけてしまう。さらにその迷海を餌に、本太郎を鼻高山へとおびき出した。

「聞き誤られた雑行」

体験至上邪義のKKK団と本太郎が、鼻高山で法論の一騎打ちに。善の勧めを「諸行往生」と非難する論敵に、本太郎の破邪の利剣が振るわれた。

「刺客となった迷海」

鼻高山で、本太郎と体験至上邪義のKKK団が対決。KKKは「雑行を棄てよ」のお言葉を根拠に「善の勧め」を非難。本太郎は、彼らの「雑行」の聞き誤りを正す。

「大王の座談が大混乱」

「雑行を捨てよ」を、善を捨てよと誤解するKKK団。本太郎にそこを突かれて逃走するが、刺客となった迷海に本太郎の命を狙わせる。

「秘事堂ボウル 電源争奪戦」

棺桶を担いで迷海が秘事堂に登場。棺の中身は『歎異抄をひらく』とテレビ座談会の機材一式だった。一方、スガルは悪口大臣に捕らえられ七重の獄に。

新春番外編「ある地方の住職会議で」

ある地方でのこと。年始に住職が集まって親鸞聖人750回忌にむけて企画会議をしている。『歎異抄』の解説本を出してはどうか、という意見が出るが…

「善の勧めはある? ない?」の巻

本太郎は看守に変装し、牢獄からスガルを助け出す。二人は、迷海がテレビ座談会の準備を始めている秘事堂へと向かった。

「捨てよと言われているものは?」の巻

テレビ座談会の前に、迷海が「親鸞聖人のみ教えに、善の勧めはあるか、ないか」と問うと、意見が真っ二つに。どちらが正しいか、いよいよ法論が始まった。

「どこが悪い?往生に役立てようとする心」の巻

秘事堂の講演に乗り込んだ本太郎は、親鸞聖人のみ教えに善の勧めはないと主張するKKKたちに、法戦の火蓋を切った。

「それは弥陀のお計らい」の巻

体験島では、親鸞聖人のみ教えに善の勧めはあるか、ないか?二手に分かれて法論が始まった。その中で、捨てよといわれる雑行とは何か、次第に明らかになっていく。

「歎異抄第1章」の巻

善を勧めぬ聞き誤りを本太郎に指摘され、体験島の者たちはおとなしくテレビ座談会の席に着いた。だが……

「善は要らない!?」の巻

体験島でもついにテレビ座談会が開催。『歎異抄』第1章「本願を信ぜんには、他の善も要にあらず」の誤解が正されようとしていた。

「なぜ こんなおかしなことに?」の巻

テレビ座談会で、『歎異抄』の「本願を信ぜんには、他の善も要にあらず」の真意を解説。善の勧めを否定する誤解がまた一つ正された。

「なぜ こんなおかしなことに?」の巻

体験島では、弥陀の御心を履き違え、「救われるには善を捨てよ」と教えていた。その誤りを本太郎は、親鸞聖人の『一念多念証文』のご文から明らかにしようとする。

「秘事堂の大黒柱を倒す」の巻

「救われるには善を捨てよ」と教える体験島の邪説を、本太郎は、親鸞聖人の『一念多念証文』のお言葉で撃破した。

「知識の大罪」の巻

「方便など要らない」と言い、「論より証拠」と体験談で多くの人を迷わせてきた体験島の邪義を、本太郎は親鸞聖人のお言葉で明示して破った。

「最後の砦」の巻

秘事堂の「方便不要」「体験至上」の大柱を、本太郎は「本道」の斧で切り倒した。ところが、崩壊する建物の奥には疑似信仰の安楽イスに座った大勢の人々が。救出なるか?

「花びらの大爆撃」の巻

本道の斧で秘事堂がついに瓦解。本太郎たちは大王一味を七重の牢獄に追い詰める。方便不要の邪義との法論は、いよいよ大詰めに。

「体験島に花が咲く」の巻(最終回)

「真・仮を知らざるによりて、如来広大の恩徳を迷失す」。聖人のお言葉にニセ信心を暴露され、悪口中傷で反撃してきた大王たちに、花びらの空爆が始まった。

 

浄土真宗講座・覚えておきたい『歎異抄』11の御文

仏教講座・仏教とはアキラメ主義ではないのか

善の勧めを、なぜ絶賛されたか|現代に生きる仏説


親鸞聖人から
あなたへのメッセージ

正信偈の意味を知りたい方へ


なぜ生きる
難度海
無碍の一道
後生の一大事
唯信独達
ただ念仏して
弥陀の本願まこと
無碍の一道
浄土の慈悲
親鸞聖人ブーム
誤解されやすい
念仏に三とおり
東本願寺歎異抄本
本道で邪を破る
如来の直説
それが無碍の一道?
『こだわらない』にこだわる?
「自性唯心」
「本道を往く」
「恐るべし体験島」
「おぞましや体験談」
「スガルの改心」
「迷海惑乱」
「決戦!鼻高山」
「聞き誤られた雑行」
「刺客となった迷海」
「大王の座談が大混乱」
「秘事堂ボウル 電源争奪戦」
新春番外編
「ある地方の住職会議で」
「善の勧めはある? ない?」
「捨てよと言われているのは?」
「どこが悪い?往生に役立てようとする心」
「それは弥陀のお計らい」
「歎異抄第1章」
「善は要らない!?」
「なぜ こんなおかしなことに?」
「八万四千の法門は」
「秘事堂の大黒柱を倒す」
「知識の大罪」
「最後の砦」
「花びらの大爆撃」
「体験島に花が咲く」
雑行雑種自力の心1
雑行雑種自力の心2
雑行雑種自力の心3
雑行雑種自力の心4
「報恩講」って何かしら?
お盆って何をするもの?
親鸞学徒追悼法要って何?
「往生」=「困った」?
袖触れ合うも多生の縁
施しは幸せのタネ
これも自因自果なんやろか
流転輪廻って何?
一向専念ってなんでやねん
演目「行き先違い」
演目「証拠より論」
演目「善の勧め」
演目「布施は尊し」
演目「死の縁 無量」
F館で会いましょう その1
F館で会いましょう その2
F館で会いましょう その3
F館で会いましょう その4
F館で会いましょう その5
F館で会いましょう その6
アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
『歎異抄をひらく』の衝撃度
無碍の一道に出でよ 『歎異抄』第七章
信長に徹底抗戦した護法の力
三業惑乱に学ぶ
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp