止まらない御名号本尊への流れ|親鸞会 顕正新聞 (1/4)

浄土真宗親鸞会 同朋の里 F館

 仏法を求める人にとって最も大切なのは御本尊である。

 御本尊とは、礼拝の対象として仏壇や寺院の中央に安置する唯一のもの。

 本尊とされているものには、木や金属で作られた阿弥陀仏の立体像の木像本尊、阿弥陀仏のお姿を絵に描いた絵像本尊、南無阿弥陀仏の六字の名号(みょうごう)本尊とがある。

 親鸞聖人は、一生涯、南無阿弥陀仏の御名号(ごみょうごう)を本尊となされた。

 にもかかわらず今日の浄土真宗は、親鸞聖人の御心に反して、寺院、門徒の仏壇とも、木像・絵像本尊で統一している。

 親鸞聖人の教えと異なることを重ねて親鸞会に指摘され、苦慮するあまりか、住職向けに出している月刊誌『宗報』(2月号)の中に、矛盾した御本尊の解説が掲載されていた。

親鸞聖人は名号を生涯、御本尊とされた

今日の浄土真宗は、御本尊から親鸞聖人のみ教えに背いていると、親鸞会は覚醒を促し続けてきた。

「本尊」とは読んで字のごとく、根本に尊ぶべき、大事なものである。

だからこそ浄土真宗の御本尊は、時代によって変わったり、人に応じて、名号でも絵像でも木像でもどれでもよい、といういい加減なものではない。

 事実、親鸞聖人も蓮如上人も名号しか御本尊として礼拝しておられず、私たちにも名号を御本尊とせよと教え勧められている。

「真宗の御本尊は名号でも、絵像でも、木像でも、同じことだから一つに固執せず、どれでもよろしい」と言うのであれば、親鸞聖人が、それまで寺院などで本尊としていた弥陀三尊の絵図(阿弥陀仏、観音菩薩、勢至菩薩の絵像)などを、すべて捨て去り、ただ名号を御本尊となされた、その重大な意味が全く踏みにじられてしまう。

>> 次 蓮如上人の明快なご教示

   

 

御名号本尊へ大きな流れ

加速する御名号本尊への流れ

わが家に正御本尊を

根本に尊ぶべき御本尊 〜親鸞聖人の仰せどおりに〜

住職の意外な言葉「御名号こそ浄土真宗の正しい御本尊」

真宗の正しい御本尊 〜南無阿弥陀仏の御名号〜

親鸞聖人が、御名号を本尊となされた根拠はあるのか

名号は、なぜ作られた

大宇宙の諸仏が絶讃する名号

浄土真宗講座一覧


親鸞聖人から
あなたへのメッセージ

正信偈の意味を知りたい方へ


阿弥陀如来の本願
平生業成
浄土真宗の「正統」とは
浄土真宗の正統は「平生業成」を説く
「三願転入」は、
すべての人の獲信までの道程
弥陀より賜る二種の廻向
なぜ名号は作られたか
止まらない御名号本尊への流れ
浄土真宗の正しい御本尊
浄土真宗衰退の理由
「雑行捨てよ」と「善の勧め」
後生の一大事が問題にならねば「雑行」は絶対に分からない
一切経は浄土の方便の善
八万四千の法門は すべて
弥陀(本師)の19の願意
往生の一大事を遂げよ
~聖人一流の章~
聖人一流の章大意
御文章・親鸞聖人が明らかに
された完成・卒業のある信心
無碍の一道
~歎異抄第七章の仰せ~
これを知らねば
『歎異抄』の“信心”は読めない
浄土真宗の法要の意味
家族とともに追悼法要
三業惑乱に学ぶ
「承元の法難」は
1冊の本から起こった
「承元の法難」と愚痴の心
南無六字の城
信長に徹底抗戦した護法の力
「往生の一路」を残した法霖
自決の真相
親鸞学徒の本道 親鸞聖人の
教えをひたすら開顕する
三業安心と十劫安心
体験談
 自己宣伝の ほかはなし
「こうなった」の体験談は、
みえみえの自己宣伝
「論より証拠」の落とし穴
 教えで真相を見極める
警鐘・親鸞聖人の教えと
異なることを語る者たちの特徴
本願寺 なぜ説かぬ
信心一つの弥陀の救い
大乗無上の法を伝える
 「従真垂化」
磯長の夢告と弥陀の本願
アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
『歎異抄をひらく』の衝撃度
無碍の一道に出でよ
『歎異抄』第七章
信長に徹底抗戦した護法の力
三業惑乱に学ぶ
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp