阿弥陀如来の本願

 阿弥陀如来の本願についてしばらく話をさせていただきます。
 仏教とは、仏の説かれた教えということです。
 仏とは、今から約2600年前、インドで活躍なされたお釈迦様のことです。
 35歳で仏という無上のさとりを開かれてから、80歳で亡くなるまでの45年間、釈迦が教えられた教えを今日仏教と言われます。
 その教えの全ては、今日一切経と言われるものに書き残されています。それは七千余巻という、膨大な数のお経です。
 その仏教に何が教えられているかを知るには、この一切経を余すところ無く読んで、正しく理解しなければなりません。
 ですが、難しい漢字ばかりのお経ですから誰でも全部読めるものではありませんし、理解できるものでもありません。
 
 今日世界の光と仰がれています、親鸞聖人は、その一切経を何回も読み破られ、「お釈迦様の教えられたことはこれ一つなんだよ」と正信偈というお聖教の中にこのように書かれています。

「如来所以興出世
 唯説弥陀本願海」(正信偈)

「如来世に興出したもう所以は
 唯弥陀の本願海を説かんが為なり」と読みます。
「如来」とはお釈迦様のことです。
「世に興出した所以は」とは、「お釈迦様がこの地球上に現れて仏教を説かれた目的は」ということです。
「唯説」とは、「ただ一つのことを説くためであった」ということです。
 七千冊以上のお経があり、45年間も説かれたと聞きますと、お釈迦様は、いろいろな事を教えられたのだろうと思われますがそうではなかったのです。
 お釈迦様が教えられたことはこれ一つなんだと親鸞聖人は断言なされています。
 一切経を99%読んでもこんな断言は出来ません。後の1%に何が書かれているか分からないからです。親鸞聖人は、一切経を何度も読まれての断言なのです。
 私たちは釈迦が説かれたそのただ一つのことを聞けば、仏教全てを聞いたことになり、仏教の全てを知ったことになるのです。
 だから、釈迦の唯一つ説かれたそのことほど、大事なことはないのです。
 
 親鸞聖人はそれこそ「弥陀の本願である」と言われています。
「弥陀の本願」とは「阿弥陀如来の本願」の事です。阿弥陀仏如来という仏様の本当に願っていられる御心は、大変広く深いので、海に譬えて本願海と言われています。
 阿弥陀如来については、蓮如上人が
「ここに弥陀如来と申すは、三世十方の諸仏の本師本仏なれば」とハッキリ教えられておられます。
 三世十方の諸仏とは、大宇宙にまします数え切れないほどの仏方のことであり、本師本仏とは、先生のことです。
「阿弥陀如来は、大宇宙の仏の先生である」と仰っています。
 地球に現れたお釈迦様も、大宇宙の仏のお一人ですから、阿弥陀如来とお釈迦様の関係は先生と弟子の関係になります。
 弟子の使命は先生の御心を、正しく伝えることだけですから、お釈迦様は45年間、阿弥陀如来の願われた御心、弥陀の本願以外教えられなかったのだと断言なされた、親鸞聖人のお言葉に深く頷かずにおれません。
 親鸞聖人の90年の生涯も弥陀の本願以外教えられたことはありませんでした。

  • HOME
  • 仏教を学ぶ
  • 仏教講座

  • 親鸞聖人から
    あなたへのメッセージ

    正信偈の意味を知りたい方へ


    阿弥陀如来の本願
    平生業成
    浄土真宗の「正統」とは
    浄土真宗の正統は「平生業成」を説く
    「三願転入」は、
    すべての人の獲信までの道程
    弥陀より賜る二種の廻向
    なぜ名号は作られたか
    止まらない御名号本尊への流れ
    浄土真宗の正しい御本尊
    浄土真宗衰退の理由
    「雑行捨てよ」と「善の勧め」
    後生の一大事が問題にならねば「雑行」は絶対に分からない
    一切経は浄土の方便の善
    八万四千の法門は すべて
    弥陀(本師)の19の願意
    往生の一大事を遂げよ
    ~聖人一流の章~
    聖人一流の章大意
    御文章・親鸞聖人が明らかに
    された完成・卒業のある信心
    無碍の一道
    ~歎異抄第七章の仰せ~
    これを知らねば
    『歎異抄』の“信心”は読めない
    浄土真宗の法要の意味
    家族とともに追悼法要
    三業惑乱に学ぶ
    「承元の法難」は
    1冊の本から起こった
    「承元の法難」と愚痴の心
    南無六字の城
    信長に徹底抗戦した護法の力
    「往生の一路」を残した法霖
    自決の真相
    親鸞学徒の本道 親鸞聖人の
    教えをひたすら開顕する
    三業安心と十劫安心
    体験談
     自己宣伝の ほかはなし
    「こうなった」の体験談は、
    みえみえの自己宣伝
    「論より証拠」の落とし穴
     教えで真相を見極める
    警鐘・親鸞聖人の教えと
    異なることを語る者たちの特徴
    本願寺 なぜ説かぬ
    信心一つの弥陀の救い
    大乗無上の法を伝える
     「従真垂化」
    磯長の夢告と弥陀の本願
    アクセスランキング
    1位 仏教講座
    2位 各地の親鸞会
    3位 親鸞聖人ってどんな人?
    4位 浄土真宗親鸞会について
    5位 親鸞聖人略年表
    おすすめ記事
    『歎異抄をひらく』の衝撃度
    無碍の一道に出でよ
    『歎異抄』第七章
    信長に徹底抗戦した護法の力
    三業惑乱に学ぶ
    親鸞会 動画集
    浄土真宗親鸞会
    〒939-0395
    富山県射水市上野1191
    TEL 0766-56-0150
    FAX 0766-56-0151
    E-mail:info@shinrankai.or.jp