浄土真宗の法要の意味

 浄土真宗親鸞会では、毎年8月に「親鸞学徒追悼法要」を行っております。

 現在仏教と言えば、葬式仏教、法事仏教となり、衰退の一途をたどっております。
 葬式・法事に明け暮れるのが、僧侶の仕事ではない、何とか本当の親鸞聖人の教えを知っていただきたいと、親鸞会は活動を続けてきました。

 親鸞会で行われる「親鸞学徒追悼法要」は、ただ亡くなられた方を追悼するだけが目的ではありません。

親鸞学徒の追悼法要 聖人のお勧め通り

 親鸞学徒追悼法要は、ご逝去なされた方をしのび、無常を凝視し、親鸞聖人のみ教えを聞かせていただく勝縁です。
  昔から、亡くして初めて親の恩を知るといわれます。生きているうちは分からなくても、親を失った時、まじめな人なら必ず、不孝を重ねた後悔が起きるものです。大切な伴侶や愛児を亡くした時も、様々な悔恨に襲われ、悲嘆に沈むことでしょう。
  墓に布団も着せられず、遺骨にごちそうも食べさせられず、どうしたらこの心、相済むことかと思い悩むのは当然です。「立派な葬式や法事を勤めるしか、このやりきれぬ気持ちを静める方法はない」と思われがちですが、親鸞聖人は決して、そうは教えられていないのです。

 親や先祖の恩に報いようとするならば、親の最も喜ぶことは何か、先祖の最も望むことは何かをよく知らねばなりません。それはあえて亡くなった人を呼び出すまでもなく、私たちが子供や家族に何を望んでいるかを考えれば分かります。「正しく生きて幸せになってほしい」。これに尽きるのではないでしょうか。
  お釈迦さまは、それには本師本仏の阿弥陀仏の本願を聞信する一本道しかないと教えていかれました。
  阿弥陀仏の救いにあい、永久の闇より救われて苦悩渦巻く人生が、そのまま絶対の幸福に転じ、明るく強く、たくましく生き抜かせていただける身になることが、それらの方の最も喜ばれることになるのです。

 

法要について、皆さんからよく寄せられる質問にお答えします

お盆はなにをする日なのですか?


 お盆とは、正しくは盂蘭盆(うらぼん)といい、『仏説盂蘭盆経』から起こったものです。ウラボンという梵語は「倒懸(倒さに懸かれる者)」ということですから、『盂蘭盆経』とは、倒さに懸かれる者を救う方法を教えた経だということです。
お盆は何をする日?  では、倒さに懸かって苦しむ者とは、だれのことでしょう。迷いを迷いとは思えず、真実を真実と信じられぬ者は、仏眼からごらんになると、皆、倒さに懸かって苦しんでいるのです。地位や財産、妻子など、有れば有ることで悩み、無い者はそれらを求めてなお苦しむ。どこに真実の幸せを喜んでいる人があるでしょうか。
  お盆は、亡き祖先を救う日ではなく、今現に倒さに懸かって飢え、渇き、苦しみ続けて未来永劫流転せんとしている、わが身自身を救う「聞法精進の日」であることを忘れてはなりません。

読経はだれのため?

「葬式や法事の読経は、死者のためになる」というのが常識になっています。しかし、これを迷信だと徹底打破なされたのが、仏教を説かれたお釈迦さまなのです。
  なぜ迷信といわれるのか。それは、お経がどのようにして成立したかを知れば明らかでしょう。
  お経とは、釈尊が、苦しみ悩む生きた人間を幸福にするために説かれた教法を、弟子たちが後世の人にと、書き残したものです。だから、死人になされた説法は一つもありません。
  では、葬式や法事の読経は全く無意味なのかというと、勤める人の心構えにかかっています。
  厳粛な葬式を縁に無常を感じて聞法すれば、有り難い勝縁になります。お経に説かれている真実を聞かせていただき、ますます信心決定せねばならぬことを知らされてこそ、意味があるのです。

位牌はどうすれば?

 浄土真宗では、仏壇に位牌は置きません。なぜならば、釈迦一代の教えの結論は、「一向専念無量寿仏(阿弥陀仏)」だからです。

読経 阿弥陀仏一仏しか我々を救い切る力のある仏はないから、「弥陀一仏に向き、弥陀のみを信じよ。そのほか、すべての人の救われる道はないのだ」と言われるのです。
  親鸞聖人は、阿弥陀仏の慈悲と智慧を表す脇士である観音・勢至の二菩薩をも、弥陀におさめて、
「錯って観音勢至につかうることなかれ、ただちに本仏をあおぐべし」と教えておられます。ややもすれば、観音勢至に向かって、祈願する迷信に陥る者があるかもしれぬと思われてのことです。それほど、我々の迷いは深いのです。
  飽くまでも、阿弥陀仏一仏に向かうことこそが、浄土真宗の私たちの、瞬時も忘れてはならぬことなのです。

浄土真宗・親鸞会公式・関連ページへ

仏教講座|読経は死人のためになるのか

仏教講座|祖先の供養はどうすればよいのか

浄土真宗講座|死んだら賀茂川の魚に食わせよとなぜいわれたのか

浄土真宗 親鸞会・親鸞学徒追悼法要(平成19年)


親鸞聖人から
あなたへのメッセージ

正信偈の意味を知りたい方へ


阿弥陀如来の本願
平生業成
浄土真宗の「正統」とは
浄土真宗の正統は「平生業成」を説く
「三願転入」は、
すべての人の獲信までの道程
弥陀より賜る二種の廻向
なぜ名号は作られたか
止まらない御名号本尊への流れ
浄土真宗の正しい御本尊
浄土真宗衰退の理由
「雑行捨てよ」と「善の勧め」
後生の一大事が問題にならねば「雑行」は絶対に分からない
一切経は浄土の方便の善
八万四千の法門は すべて
弥陀(本師)の19の願意
往生の一大事を遂げよ
~聖人一流の章~
聖人一流の章大意
御文章・親鸞聖人が明らかに
された完成・卒業のある信心
無碍の一道
~歎異抄第七章の仰せ~
これを知らねば
『歎異抄』の“信心”は読めない
浄土真宗の法要の意味
家族とともに追悼法要
三業惑乱に学ぶ
「承元の法難」は
1冊の本から起こった
「承元の法難」と愚痴の心
南無六字の城
信長に徹底抗戦した護法の力
「往生の一路」を残した法霖
自決の真相
親鸞学徒の本道 親鸞聖人の
教えをひたすら開顕する
三業安心と十劫安心
体験談
 自己宣伝の ほかはなし
「こうなった」の体験談は、
みえみえの自己宣伝
「論より証拠」の落とし穴
 教えで真相を見極める
警鐘・親鸞聖人の教えと
異なることを語る者たちの特徴
本願寺 なぜ説かぬ
信心一つの弥陀の救い
大乗無上の法を伝える
 「従真垂化」
磯長の夢告と弥陀の本願
アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
『歎異抄をひらく』の衝撃度
無碍の一道に出でよ
『歎異抄』第七章
信長に徹底抗戦した護法の力
三業惑乱に学ぶ
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp