聖人一流章

弥陀の救いは一念

 この「浄土往生間違いなし」の身になることが、我々の人生の目的であり、多生の目的なのである。

 それは全く阿弥陀仏のお力によってであるから「聖人一流章」には、

「不可思議の願力として、仏の方より往生は治定せしめたまう」

とか、

「如来、わが往生を定めたまいし」

と説かれている。

 しかも、「その位を『一念発起・入正定之聚』とも釈し」とあるように、来世の往生が定まるのは、平生の一念である。親鸞聖人は、この一念を「時尅の極促」と仰り、時間の極まりと鮮明に解説されている。

 何兆分の一秒よりも短い極速の一念に、弥陀の不可思議の本願力によって、正定聚に入るのだ。正定聚とは、さとりの52位のうちの51段目、あと一段で最高無上の仏になれるという位である。

 この弥陀の救いのすごさを、親鸞聖人は『教行信証』に、弥勒菩薩を引き合いに出して教示なされている。

 正定聚の身になるとは、かの弥勒菩薩と同格になるということだ。しかも弥勒よりも幸せなのは、弥勒はあと一段上って仏覚に到達するまでに、56億7000万年も厳しい修行をしなければならないが、

「念仏の衆生は、横超の金剛心を窮むるが故に、臨終一念の夕、大般涅槃を超証す」 (教行信証)

“弥陀の救いに値った人は、この世の命が終わると同時に、「弥勒、お先に御免」と仏のさとりを開くのである”

 弥陀の本願力が、いかに偉大であるか、分かるであろう。

>> 次 罪悪深重の我らが目当て

 

親鸞聖人が明らかにされた完成・卒業のある信心

現代人には宗教や信心などいらないのではないのか

三業惑乱から学ぶ・両極に振れる自力の本性

浄土真宗講座一覧


親鸞聖人から
あなたへのメッセージ

正信偈の意味を知りたい方へ


阿弥陀如来の本願
平生業成
浄土真宗の「正統」とは
浄土真宗の正統は「平生業成」を説く
「三願転入」は、
すべての人の獲信までの道程
弥陀より賜る二種の廻向
なぜ名号は作られたか
止まらない御名号本尊への流れ
浄土真宗の正しい御本尊
浄土真宗衰退の理由
「雑行捨てよ」と「善の勧め」
後生の一大事が問題にならねば「雑行」は絶対に分からない
一切経は浄土の方便の善
八万四千の法門は すべて
弥陀(本師)の19の願意
往生の一大事を遂げよ
~聖人一流の章~
聖人一流の章大意
御文章・親鸞聖人が明らかに
された完成・卒業のある信心
無碍の一道
~歎異抄第七章の仰せ~
これを知らねば
『歎異抄』の“信心”は読めない
浄土真宗の法要の意味
家族とともに追悼法要
三業惑乱に学ぶ
「承元の法難」は
1冊の本から起こった
「承元の法難」と愚痴の心
南無六字の城
信長に徹底抗戦した護法の力
「往生の一路」を残した法霖
自決の真相
親鸞学徒の本道 親鸞聖人の
教えをひたすら開顕する
三業安心と十劫安心
体験談
 自己宣伝の ほかはなし
「こうなった」の体験談は、
みえみえの自己宣伝
「論より証拠」の落とし穴
 教えで真相を見極める
警鐘・親鸞聖人の教えと
異なることを語る者たちの特徴
本願寺 なぜ説かぬ
信心一つの弥陀の救い
大乗無上の法を伝える
 「従真垂化」
磯長の夢告と弥陀の本願
アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
『歎異抄をひらく』の衝撃度
無碍の一道に出でよ
『歎異抄』第七章
信長に徹底抗戦した護法の力
三業惑乱に学ぶ
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp