聖人一流の章

聖人一流章
  〜信心をもって本とする〜

聖人一流の御勧化の趣は、信心をもって本とせられ候。
その故はもろもろの雑行をなげすてて、一心に弥陀に帰命すれば、不可思議の願力として、仏の方より往生は治定せしめたまう。
その位を「一念発起・入正定之聚」とも釈し、その上の称名念仏は、如来わが往生を定めたまいし御恩報尽の念仏と、心得べきなり。
(蓮如上人)

 「聖人一流の御勧化の趣は」 の冒頭は、 〝親鸞聖人九十年の生涯、教えていかれたことは〟 と言われている。

「蓮如、さらに私なし」

 蓮如上人はこのように、常に親鸞聖人の教えばかりを明らかにされた方であった。
 八十通の『御文章』すべて、長短はあっても親鸞聖人の教えの外は説かれていない。

「それ、当流親鸞聖人の勧めまします所の一義の意というは……」(二帖目十通)
「抑、親鸞聖人の一流に於ては……」(一帖目四通)
「抑、親鸞聖人の勧めたまうところの一義の意は……」 (三帖目七通)

など挙げればキリはないが、八十余年の生涯、蓮如上人の布教姿勢は一貫して変わらなかった。

「蓮如はこうだった」「ああだった」「私はこう思う」など一言も聞こえてこない。
  まさに親鸞学徒の鑑である。

弥陀の救いは信心一つ

「親鸞聖人の教え」といっても、仏教以外にないことは、 「更に親鸞珍らしき法をも弘めず、如来の教法をわれも信じ人にも教え聞かしむるばかりなり」 の常の仰せで明らかであろう。

 その釈迦如来の教え=仏教は、「弥陀の本願」ただ一つであったと聖人は、 「如来所以興出世  唯説弥陀本願海」 と『正信偈』に断言されている。

「本願」は「誓願」ともいわれ、約束のこと。
  本師本仏の阿弥陀仏が、 「すべての人の苦悩の根元である無明の闇を破り、 〝必ず浄土へ往ける〟大満足の身に救い摂る」 と誓われているお約束が、 「弥陀の本願」である。

「無明の闇」とは、「死後どうなるか分からない、後生暗い心」をいう。
御文章  一息切れたら「後生」である。全人類の百パーセント確実な未来であり、早ければ今晩かもしれぬ。私の吸う息吐く息と触れ合っているのが「後生」なのである。
 その「後生がハッキリしない」ほどの一大事はなかろう。行く先知らずに飛んでいる飛行機のようなもので、確実な未来が暗いまま、明るい現在を築くことは不可能だ。

 我々が苦から離れられない原因は、「金がないから」でも「病気だから」でも「こんな人と結婚したから」でもない。「後生暗い心(無明の闇)」こそ、すべての人の苦しみの根元と弥陀は見抜かれて、 「無明の闇を破り、往生一定の身に必ず救う」 と誓われているのである。

 この弥陀の誓願に救い摂られて、一切が浄土往生の碍りとならなくなった世界を「無碍の一道」とも「絶対の幸福」ともいわれる。

 では、どうすれば「無碍の一道」「絶対の幸福」になれるのか。最も知りたいことを親鸞聖人は、 〝信心一つ〟 と生涯、鮮明に説き続けていかれたのである。
  これを蓮如上人は、 「聖人一流の御勧化の趣は、信心をもって本とせられ候」 と確言されている。

 他にも 『御文章』の至るところに、

「祖師聖人(親鸞聖人)御相伝一流の肝要は、ただこの信心一に限れり」(二帖目三通)
「あわれあわれ、存命の中に皆々信心決定あれかしと朝夕思いはんべり」 (四帖目十五通)

など重ねて説かれ、 〝弥陀の救いは信心一つ。片時も急いで信心決定してもらいたい。この外に親鸞聖人の教えはないのだよ〟と、「信心為本」の聖人の教えをひらかれている。

  聖人の「信心」とは

 では、聖人の「信心」とは、どんな信心なのであろうか。
「その故は」と次に、 「もろもろの雑行をなげすてて、一心に弥陀に帰命すれば、不可思議の願力として、仏の方より往生は治定せしめたまう」信心である、と説き明かされる。

「もろもろの雑行」とは、 「後生の一大事を助かろうとして、阿弥陀仏以外の諸仏や菩薩や神に仕えるなど一切の行為」をいう。
 この「雑行」ある間は絶対に助からないから、「なげ捨てよ」と蓮如上人は徹底して厳しい。
「もろもろの雑行」が廃って、 「私の後生の一大事救いたもう仏は、大宇宙広しといえども阿弥陀仏一仏であった」 と、弥陀に「後生の一大事」をうちまかせたことを、 「一心に弥陀に帰命」 と言われ、同時に、弥陀の不可思議の願力を「不可思議の願力であった」と知らされて、 「仏の方より往生は治定せしめたまう」 〝まったく阿弥陀仏のお力によって、往生一定・無碍の一道に救い摂られるのだ〟。

 これが親鸞聖人の明かされた「他力の信心」であると、蓮如上人は懇ろに教えておられるのである。

 ここで「もろもろの雑行をなげすてて」も、「一心に弥陀に帰命する」も、「不可思議の願力であった」と知らされた時も、「仏の方より往生は治定せしめたまう」も、文章では前後ができるが同時で、「弥陀に救い摂られた」ことである。

平生一念の救い

 その「弥陀の救い」を次に「その位を」と言われ、 「一念発起・入正定之聚」 と解説されている。
「一念」とは何兆分の一秒よりも短い時間、「正定之聚」は、さとりの五十二位中の五十一段、「間違いなく仏になれると定まった位」をいう。

 弥陀に救い摂られた一念に五十一段高とびさせられ、浄土往生間違いない「無碍の一道」へ雄飛させられることを、 「その位を『一念発起・入正定之聚』とも釈し」 と言われ、 「その上の称名念仏は、如来わが往生を定めたまいし御恩報尽の念仏と、心得べきなり」 〝弥陀に救われてからの念仏は、浄土往生が決定した大満足の心から、その御恩に報いる念仏である〟 と結ばれている。

 親鸞聖人のみ教え、「唯信独達の法門」は、この短い「聖人一流の章」にすべておさまっているのである。

 

両極端にゆれる自力の信心 三業惑乱に学ぶ

造られた〝獲信体験〟

偽なる者は甚だもって多し

浄土真宗講座一覧


親鸞聖人から
あなたへのメッセージ

正信偈の意味を知りたい方へ


阿弥陀如来の本願
平生業成
浄土真宗の「正統」とは
浄土真宗の正統は「平生業成」を説く
「三願転入」は、
すべての人の獲信までの道程
弥陀より賜る二種の廻向
なぜ名号は作られたか
止まらない御名号本尊への流れ
浄土真宗の正しい御本尊
浄土真宗衰退の理由
「雑行捨てよ」と「善の勧め」
後生の一大事が問題にならねば「雑行」は絶対に分からない
一切経は浄土の方便の善
八万四千の法門は すべて
弥陀(本師)の19の願意
往生の一大事を遂げよ
~聖人一流の章~
聖人一流の章大意
御文章・親鸞聖人が明らかに
された完成・卒業のある信心
無碍の一道
~歎異抄第七章の仰せ~
これを知らねば
『歎異抄』の“信心”は読めない
浄土真宗の法要の意味
家族とともに追悼法要
三業惑乱に学ぶ
「承元の法難」は
1冊の本から起こった
「承元の法難」と愚痴の心
南無六字の城
信長に徹底抗戦した護法の力
「往生の一路」を残した法霖
自決の真相
親鸞学徒の本道 親鸞聖人の
教えをひたすら開顕する
三業安心と十劫安心
体験談
 自己宣伝の ほかはなし
「こうなった」の体験談は、
みえみえの自己宣伝
「論より証拠」の落とし穴
 教えで真相を見極める
警鐘・親鸞聖人の教えと
異なることを語る者たちの特徴
本願寺 なぜ説かぬ
信心一つの弥陀の救い
大乗無上の法を伝える
 「従真垂化」
磯長の夢告と弥陀の本願
アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
『歎異抄をひらく』の衝撃度
無碍の一道に出でよ
『歎異抄』第七章
信長に徹底抗戦した護法の力
三業惑乱に学ぶ
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp