本願成就文

 一切経の中で最も重要で大切な釈尊のお言葉とは何でしょうか。これこそが仏教だと断言出来る釈尊のお言葉を教えて下さい。

 貴方の質問にお答えするには一切経を幾度も読んでみなければなりません。
  一切経を幾度も読破なされた親鸞聖人は、それは『大無量寿経』の中にあると喝破なされています。

「それ真実の教を顕さば、則ち、『大無量寿経』是れなり」(教行信証)

が、そのお言葉です。
『大無量寿経』には、阿弥陀仏の本願が説かれていますから『正信偈』には、

「如来、世に興出したまう所以は、唯弥陀の本願海を説かんとなり」

と、仰有っておられます。
  阿弥陀仏の本願とは、弥陀の誓願とも言われますように、阿弥陀仏が、一切の人々を必ず救いとると、固くお約束なされた誓いのお言葉です。
  この阿弥陀仏の本願を教えることが、釈迦出世の本懐中の本懐であったと教えられながら、 親鸞聖人は、釈尊の最も重要で大切なお言葉は「本願成就文」といわれる教えだとも仰有っておられます。

「横超とは即ち、願成就一実円満之真教、真宗これなり」(教行信証)

と道破なされ、この本願成就文を開顕する為に『教行信証信巻』上下二巻に亘って、詳細に説明なされています。
  親鸞聖人より如信上人(聖人のお孫)、その如信上人より面授口決された覚如上人は

「それについて三経の安心あり、その中に大経をもって真実とせらる。大経の中には第十八の願をもって本とす。十八の願にとりては願成就をもって至極とす」(改邪鈔)

  弥陀の本願は本ではあるが至極ではないと説破なされています。
  同じく『改邪鈔』には

「かの心行を獲得せんこと念仏往生の、願成就の信心歓喜乃至一念等の文をもって依憑とす。この外未だ聞かず」

と、あります。
  この覚如は願成就文に示されている教え以外に、聞いたことがないとまで断言なされています。
  この願成就文の教え以外に仏教もなければ、浄土真宗もないということが分かります。これこそが仏教だといわれるのは、願成就文の釈尊の教えです。
  仏教の至極、真宗の依憑といわれる願成就文は『大無量寿経』下巻に、漢字四十字で示された釈尊のお言葉です。

「諸有の衆生、その名号を聞きて信心歓喜せんこと乃至一念せん。至心に廻向せしめたまえり。彼の国に生ぜんと願ずれば、即ち往生を得、不退転に住せん。唯五逆と正法を誹謗せんとをば除かん」

と、あります。
  今は詳しい説明は出来ませんが、弥陀の本願よりも釈尊の説かれたこの願成就文を依憑とせよと仰せられた理由を、二、三あげておきましょう。

  阿弥陀仏の本願では、信心一つで助かるのか、念仏称えて助かるのか、ハッキリ分かりませんが、この願成就文の釈迦の教えでは、

「信心歓喜乃至一念」の信心一つが説かれて、念仏は説かれてありませんから阿弥陀仏の救いは、一念の信心一つでなされるのだということが、ハッキリ致します。

  これによって親鸞聖人は、唯信独達の法門を樹立されたのです。
  又、阿弥陀仏の本願では、どうすれば救われるのかということがハッキリ分かりませんが、釈尊の願成就文では、

「その名号を聞きて」とありますから、聞く一つで助かるのだということが、ハッキリ致します。
  これによって

「仏法は聴聞に極まる」

と、親鸞聖人は教えられました。
  また、阿弥陀仏の本願では、必ず助けるとは誓ってありますが、この世でか、未来世でかハッキリしなかったのです。
  しかし、願成就文では

「即得往生住不退転」

と、教えられていますから、阿弥陀仏の救いは死後ではなくて、現在只今であることが明らかになりました。
  このように願成就文の釈迦の教えによって親鸞聖人は、阿弥陀仏の本願は、
「唯信独達」
であり、
「仏法は聴聞に極まる」
「平生業成」
であることを開顕なされたのでありますから、弥陀の本願は本ではあるが至極ではない。願成就文をもって至極とすると喝破なされた理由がここにあるのです。

  されば願成就文の教えに反するものは、浄土真宗でもなければ仏教でもありません。


関連記事・親鸞会公式

ギャラリー2000畳

春の正本堂

夏の正本堂

秋の正本堂

冬の正本堂(2008)

無上道

本願成就文

同朋の里

法輪閣

学徒の丘

冬の正本堂(2006)


親鸞聖人から
あなたへのメッセージ

正信偈の意味を知りたい方へ


1親鸞会とは?
2親鸞学徒とは?
3浄土真宗と親鸞聖人の関係は?
4親鸞会の目的は?
5日頃の活動は?
6どんなことを教えているのですか?
7会長:高森顕徹先生の紹介
親鸞会の沿革
親鸞会結成50周年の軌跡
高森先生と親鸞会の50周年
施設紹介
拝観案内
親鸞会館へのアクセス
お問い合わせ
7つの設計の目的
音響は正本堂の命
真剣な聞法の場を実現するLED
屋内用では世界最大
プロジェクターと比べても、LEDは、こんなにいい!
不快を与えない冷暖房設備
ギャラリー二千畳
無上道
春の正本堂
夏の正本堂
秋の正本堂
冬の正本堂(2006)
冬の正本堂(2008)
同朋の里
法輪閣
学徒の丘
アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
浄土真宗の法要の意味
親鸞学徒の本道をゆく
『なぜ生きる』に命 救われた
人生の曲がり角「「幸せになりたい」と娘は言った」
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp