アメリカ東海岸の法輪

親鸞会 アメリカ

 ニューヨークなどを中心に、アメリカ東海岸で親鸞聖人の教えを聞き求める人が次第に増えています。その近況を、現地の声で紹介しましょう。

『なぜ生きる』の衝撃 米国に真実の仏法を

 私は昨年の春、アメリカの大学で浄土真宗親鸞会の講師に会いました。
 ちょうど博士論文を完成したころです。

 10年前から日本語を勉強し、川端康成などの日本作家の本を読んだり、仏像や日本画を見てきました。
 ですから、「無常」と「親鸞聖人」について聞いた時、深い親近感を覚えました。

 そして、高森顕徹先生監修の『なぜ生きる』の日本語版と英語版を読ませていただいたのです。
 何を求めても、何を手にしても真の満足を得られない、人間の有り様を見せつけられ、まさに自分の本当の姿がそこに描かれてあると、大変な衝撃を受けました。

 講師の勧めで日本へ行き、高森先生のご法話に参詣できたのです。
 長い間、求め続けてきた「人はなぜ生きるのか」の答えが親鸞聖人の教えにあったなんて。
 大きな喜びを胸に、生涯忘れることのできない日々を日本で過ごすことができました。

 今、アメリカ東海岸で親鸞聖人の教えを届けたいと、いろいろ挑戦しています。
 浄土真宗を全く知らず、仏教といえば、「菜食」「座禅」「自然との調和を勧める美学」と思い込んでいる人がほとんどです。
 でもその中から、本当の仏教を知りたいという人が、きっと増えてくると信じております。

 昨年10月に、親鸞会の講師を招待して開催した仏教セミナーには、50人余りが参加し、親鸞聖人のみ教えに引き込まれていました。

 

東海岸 アメリカ

 そのアメリカで活動する、親鸞会講師の声を紹介します。

目を輝かせ「深いものを感じる」

 昨年秋、アメリカに行かせていただきました。仏教講演会には大学教授や学生が多く集まり、真剣に聞いていました。そこで素晴らしい出会いがありました。

 ある30代の男性は、ボストンで生まれ育ち、日中はサラリーマン、夜と週末は音楽家としてバンドでドラムを演奏しています。
 一昨年から『なぜ生きる』英語版を毎日のように拝読しているそうです。
 1ページ読むごとに、「なぜ私のことがこんなに赤裸々に書かれているのだろう。まだまだ理解できない深いものを感じる」と思いながら、解説してくれる人を探していたと言います。

 英語版を通して話をすると、まばたきもせず聞き入っていました。

『なぜ生きる』を監修された高森顕徹先生のことを伝えると、口数の少ない彼が目を輝かせ、「日本に行きたい」と言うのです。
 親鸞会結成50周年には間に合いませんでしたが、「必ず日本で親鸞聖人の教えを聞かせていただきます」と繰り返していました 。

 

仏教に関心あっても「浄土真宗」を知らない

 アメリカで「仏教」といえば、皆、チベット仏教を思い浮かべます。
「日本仏教」と聞けば、禅宗のことだと思い込んでいます。
 書店には仏教コーナーが必ずありますが、そこに並んでいる大半は、チベット仏教の本です。浄土真宗の本は、ほとんど見当たりません。
 仏教の集まりも、「チベット仏教」と「禅宗」ばかりで、浄土真宗の集いはありません。

 仏教に関心を抱いている人はたくさんいるのに、浄土真宗の名前すら、知らない人ばかりです。
 人生の真実を求めている人たちに、親鸞聖人のみ教えをお届けしていくことが急務だと感じます。

 

ロサンゼルスに全米の法友集う
“歎異抄”の真意海外へ
親鸞会館で聞法していた サイデンステッカー教授

アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
浄土真宗の法要の意味
親鸞学徒の本道をゆく
『なぜ生きる』に命 救われた
人生の曲がり角「「幸せになりたい」と娘は言った」
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp