消え行く鐘の音……守るべきものは何か

除夜の鐘


紅白歌合戦が終わる頃、静寂な夜の町に響き渡る除夜の鐘。
年末恒例の風物詩です。
108回鳴らすのは、人間の煩悩の数に由来していると言われますが、寺によっては希望者が多くて108以上鳴らしているところもあるとか。

反面、その除夜の鐘の存続について、一つの記事が朝日新聞に出ていました。

無人で鐘を突く機械式の撞木(しゅもく)を採り入れる寺院が増え、今や全国約1600カ所に広がっている。住職が高齢化したり、過疎化で後継者がいなくなったりする突き手不足の中、地域の鐘の音を守りたい住民らの願いがのぞく。タイマーで動く撞木を唯一、製造しているのは奈良市の上田技研産業。日本人の「心のふるさと」を消すまいと、除夜の鐘を控えた年の瀬、駆け込み需要に追われる日々だ。
除夜の鐘、自動鐘つき機で「ゴ〜ン」? 後継難で急増(asahi.com)

寺院の後継者不足は、今に始まった話ではありません。
私の田舎も過疎地域にあり、後継者がなく無住になった寺が何カ寺か見られます。
また、鐘を突くことすらできない老住職で、無人鐘付き機も購入するお金もなく、やむなく鐘の音をスピーカーで鳴らしている寺もありました。

「夕焼け小焼けで日が暮れて 山のお寺の鐘がなる」
山間に響く鐘の音は、情緒豊かな日本人のこころの風景でありましょう。
朝日の記事の中で、電気メーカーの社長は「鐘の音は日本人の郷愁を呼び起こす。それを守っていく使命感を持ち続けたい」と話しています。それは素晴らしいことだと思いますが、本当に残していかねばならないのは、寺の鐘ではなくて、寺で説かれる「仏の教え」ではないでしょうか。

浄土真宗親鸞会は、一人一人の心に、本当の親鸞聖人のみ教えをお届けすることに、全力を尽しています。
親鸞会の法話会場では、
「仏教がこんな素晴らしい教えとは知りませんでした」
「寺の説教は世間話ばかりですが、親鸞会では親鸞聖人の教えを学ぶことができるので素晴らしい」
「子どものころから親しんだ正信偈の意味が、よく分かった」
など、喜びの声が沢山聞こえてきます。

私たち親鸞会会員は、今までも、そしてこれからも、親鸞聖人のみ教えを守り、伝えていく使命に生き続けます。

(H)

( Photo by (c)Tomo.Yun )

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ(メールアドレス・ウェブサイトのご記入は任意です)

メールアドレスが公開されることはありません。