オバマ大統領の広島訪問に思う

5月27日、オバマ大統領は、現職のアメリカ大統領として初めて、被爆地・広島を訪れました。

「私たちは戦争の苦しみを経験しました。共に、平和を広め核兵器のない世界を追求する勇気を持ちましょう」と訴えています。

広島訪問の理由を「閃光と炎の壁が都市を破壊し、人類が自らを破滅させる手段を手にした。私たちは、そう遠くない過去に解き放たれた恐ろしい力に思いをめぐらすために来た」と語りました。

「科学によって(中略)殺戮の道具に転用することができる。広島がこの真実を教えてくれる」とも語っています。

長足の進歩をとげた科学は、史上、もっとも強い力を持った手段ですが、かつてない大量殺戮にも使われ、オバマ大統領も指摘したように、人間自体を滅ぼそうとするまでになりました。

科学を何に使うか、その目的を教えるのが宗教の役目だ、とアインシュタインは訴えました。『私の世界観』という本には、「人生の意義に答えるのが宗教だ」とも書いています。21世紀が「宗教の時代」といわれるのは、もっとも大事な人生の目的「なぜ生きる」の答えを、はっきり指し示す「真の宗教」が、希求されているからでしょう。

核廃絶までの道のりは遠いですが、「なぜ生きる」の答えが分かってこそ、真の解決がもたらされると

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ(メールアドレス・ウェブサイトのご記入は任意です)

メールアドレスが公開されることはありません。