人工知能が人間を負かす日

3月に、人工知能「アルファ碁」が世界のトップ囲碁棋士イ・デドル9段を、4勝1敗で下しました。人工知能が人間に勝ったことは、過去にもあります。

1997年にはIBMの「ディープブルー」が、チェスで世界最強といわれたカスパロフを破りました。また同じくIBMの「ワトソン」は2011年に、アメリカのクイズ番組「ジェパディー」で歴代チャンピオン二人に圧勝しています。

しかし今回の囲碁での勝利は、まったく別の意味があります。囲碁は、ゲームの中でも、世界で最も高度な一つです。可能な局面の多さは、チェスとは桁違いです。

今後、人口知能は、自動運転や、医師の診療の補助など、様々な分野での応用が期待されています。機械が運転したほうが、人間よりも事故が減り、機械が診察した方が、誤診が少なくなる日が、来るかも知れません。

人工知能が人間の頭脳を超えるのは、時間の問題でしょう。それは2045年だと予測する人もあります。その時、人間は人工知能に滅ぼされると心配する人もいます。

それでは、何のために人工知能を作るのか、わからなくなってしまいます。科学も医学も、すべての営みは人類を幸福にするためにあります。人工知能を作ったら、人類が不幸医なるのであれば、そんな研究は、やめなければなりません。実際、有名な宇宙物理学者ホーキング博士は、「人工知能の発明は人類史上最大の出来事だった。だが同時に、『最後』の出来事になってしまう可能性もある」と言っています。

政治も経済も、科学も医学も、すべては私たちが幸福になるためにあります。

本当の幸福になる道を教えられた仏法を根底としてこそ、科学も医学も、真に素晴らしいものになるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ(メールアドレス・ウェブサイトのご記入は任意です)

メールアドレスが公開されることはありません。