もしも「仕事がない世界」になったら

シンクタンクの予想では、日本では20年以内に、労働人口の半分の仕事が、機械に置き換えられるそうです。

人工知能やロボットに、仕事を奪われる心配は、世界的に高まっています。

かつて経済学者のジョン・メイナード・ケインズ(1883~1946)は、1930年に書いた「孫の世代の経済的可能性」というエッセイの中で、
「大きな戦争がなく、人口の極端な増加がなければ、百年以内に経済的な問題が解決するか、少なくとも近く解決するとみられるようになるといえる」
と述べ、
「経済的な問題、すなわちいかにして生存(日々の生活)を確保するかという問題は、これまでの人類にとっての最重要問題であった。だが、もし百年後にこの問題が解決されたとすれば、人類は誕生来の目的を奪われることになるだろう。」
と予想しています。

そして、どうやって生活するかという経済の問題が解決すれば、残るのは、自由になった時間を何に使うかという、人類永遠のテーマだと言います。

「したがって、天地創造以来はじめて、人類はまともな問題、永遠の問題に直面することになる。切迫した経済的な必要から自由になった状態をいかに使い、科学と複利の力で今後に獲得できるはずの余暇をいかに使って、賢明に、快適に、裕福に暮らしていくべきなのかという問題である。」

私たちは、「仕事」をするために生まれてきたのではありません。仕事をしなくても生活できるようになったら、自由な時間を、何に使えばよいのでしょうか。医学で延ばした命、科学技術で増えた自由時間で、すべきこと、それこそ人生の目的です。

人生の目的を考える時間が増えれば、ロボットや人工知能は、仕事を奪う「悪」ではなく、最高に素晴らしいものとなるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ(メールアドレス・ウェブサイトのご記入は任意です)

メールアドレスが公開されることはありません。