浄土真宗講座(親鸞聖人の明らかになされた浄土真宗の教えを学ぶ)

覚えておきたい『歎異抄』11の御文

日本三大美文の一つである歎異抄のなかから、とくに覚えておきたい部分を紹介します。

第1章

「『弥陀の誓願不思議にたすけられ参らせて往生をば遂ぐるなり』と信じて『念仏申さん』と思いたつ心の発るとき、すなわち摂取不捨の利益にあずけしめ給うなり。弥陀の本願には老少・善悪の人をえらばず、ただ信心を要とすと知るべし。その故は、罪悪深重・煩悩熾盛の衆生をたすけんがための願にてまします。しかれば本願を信ぜんには、他の善も要にあらず、念仏にまさるべき善なきが故に、悪をもおそるべからず、弥陀の本願をさまたぐるほどの悪なきが故に、と云々」

(第1章は、歎異抄全十八章がおさまる最も重要な章です〉

第2章

「いずれの行も及び難き身なれば、とても地獄は一定すみかぞかし」

(「微塵の善もできない親鸞なれば地獄へ堕ちて当然だ」と言われたお言葉)

「親鸞(愚身)が信心におきてはかくの如し」

(「私の信心はこうだ」と言うのは悪い、と言う人のあやまりを正されています。)

第4章

「今生にいかに愛し不便と思うとも、存知のごとく助け難ければ、この慈悲始終なし」

(人間の慈悲は不完全なものだと言われているお言葉です)

第5章

「親鸞は父母の孝養のためとて念仏、一返にても申したること未だ候わず」

(己のやる善根を亡者(死者)にさしむけて、亡者を助けようとするのを「自力廻向」と言いますが、その自力廻向を破られたお言葉です)

第7章

「念仏者は無碍の一道なり。そのいわれ如何とならば、信心の行者には天神地祇も敬伏し、魔界外道も障碍することなし、罪悪も業報を感ずることあたわず、諸善も及ぶことなき故に無碍の一道なり、と云々」

(「阿弥陀如来の本願に救い摂られた人は、絶対の幸福になれる」と明言されているお言葉です。)

第12章

「『この法をば信ずる衆生もあり、謗る衆生もあるべし』と仏説きおかせ給いたることなれば、我はすでに信じたてまつる、また人ありて謗るにて『仏説まことなりけり』と知られ候」

(自分の信心を謗る者のあることを、かえって喜ばれたお言葉です)

第13章

「さるべき業縁の催せば、如何なる振舞もすべし」

(「縁さえあれば、どんなことでもやる親鸞である」と言われたお言葉です)

第16章

「一向専修の人に於ては、廻心ということただ一度あるべし」

(一念ということは一生涯にただ一度しかないものだ、と教えられたお言葉です)

後序

「弥陀の五劫思惟の願をよくよく案ずれば、ひとえに親鸞一人が為なりけり、されば若干の業をもちける身にてありけるを、助けんと思召したちける本願のかたじけなさよ」

(「親鸞一人のための弥陀のご本願であった」と喜ばれたお言葉です)

「煩悩具足の凡夫・火宅無常の世界は、万のこと皆もって空事・たわごと・真実あること無きに、ただ念仏のみぞまことにて在します」

(いつ何がおきるか分からない火宅無常の世界に住む、煩悩にまみれた人間のすべてのことは、そらごとであり、たわごとであり、まことは一つもない。ただ念仏のみがまことなのだ。
聖徳太子が「世間虚仮・唯仏是真」と言われていることを『歎異抄』にはこのように言われています)

 

■ さらに詳しく知りたい方はこちらへ →真宗講座一覧


親鸞聖人から
あなたへのメッセージ

正信偈の意味を知りたい方へ


阿弥陀如来の本願
平生業成
浄土真宗の「正統」とは
浄土真宗の正統は「平生業成」を説く
「三願転入」は、
すべての人の獲信までの道程
弥陀より賜る二種の廻向
なぜ名号は作られたか
止まらない御名号本尊への流れ
浄土真宗の正しい御本尊
浄土真宗衰退の理由
「雑行捨てよ」と「善の勧め」
後生の一大事が問題にならねば「雑行」は絶対に分からない
一切経は浄土の方便の善
八万四千の法門は すべて
弥陀(本師)の19の願意
往生の一大事を遂げよ
~聖人一流の章~
聖人一流の章大意
御文章・親鸞聖人が明らかに
された完成・卒業のある信心
無碍の一道
~歎異抄第七章の仰せ~
これを知らねば
『歎異抄』の“信心”は読めない
浄土真宗の法要の意味
家族とともに追悼法要
三業惑乱に学ぶ
「承元の法難」は
1冊の本から起こった
「承元の法難」と愚痴の心
南無六字の城
信長に徹底抗戦した護法の力
「往生の一路」を残した法霖
自決の真相
親鸞学徒の本道 親鸞聖人の
教えをひたすら開顕する
三業安心と十劫安心
体験談
 自己宣伝の ほかはなし
「こうなった」の体験談は、
みえみえの自己宣伝
「論より証拠」の落とし穴
 教えで真相を見極める
警鐘・親鸞聖人の教えと
異なることを語る者たちの特徴
本願寺 なぜ説かぬ
信心一つの弥陀の救い
大乗無上の法を伝える
 「従真垂化」
磯長の夢告と弥陀の本願
アクセスランキング
1位 仏教講座
2位 各地の親鸞会
3位 親鸞聖人ってどんな人?
4位 浄土真宗親鸞会について
5位 親鸞聖人略年表
おすすめ記事
『歎異抄をひらく』の衝撃度
無碍の一道に出でよ
『歎異抄』第七章
信長に徹底抗戦した護法の力
三業惑乱に学ぶ
親鸞会 動画集
浄土真宗親鸞会
〒939-0395
富山県射水市上野1191
TEL 0766-56-0150
FAX 0766-56-0151
E-mail:info@shinrankai.or.jp